特別お題

特別お題。「『選択』と『年齢』」

 

私にとっての選択と年齢は、、、、、

大きな分岐点になったのは、今年1年かもしれません。

私は、大学時代からアパレルメーカーで販売員としてアルバイトを始め、大学の就職活動では、アルバイトをしていた時の顧客様との関係性を無くしたくないという気持ちと、スタッフとしての変な責任感(私が出勤できなかったらシフトが回らないかもというような、、、、)そんな気持ちから、あまり就職活動に集中できず、少し安直な考えで、そのまま今働く会社に新卒入社として、働く道を選びました。

社員になってからというもの、異動があったり、アルバイトの指導だったり、分かってはいたものの、自分がやりたい接客の仕事なんて、二の次三の次ぐらいな勢いで、いろんなものが精神的に私を追い詰めました。

立場上、1番売上を取り、お店自体を引っ張っていかなければならず、人の心配なんてしている場合じゃない、そんな風に思っていた時期もありました。

そんなこんなで、いろんなものにぶち当たり苦しんだ1年半でしたが、今になって、やっと少しずつ、こんな風に追い詰められたように感じたり、私ばっかり。と思ってしまうのは、自分の過去の境遇や思考の癖からなんだと自覚し始め、今は少しずつ働きやすくなってきたように思います。

そして、苦しみながらも1つの目標を見つけることが出来ました。

 

「お金を貯めて自分のお店を作る。」

 

たくさんのお客様、スタッフに出会い、そう言う出会いをずっと続けていくのは、とても難しいことです。人の好みも、立場も、生活も移り変わっていくものですし、それは誰にも止めることはできません。

ですが、いつか自分のお店を作り、そこはいつになっても、年を重ねても、住む場所が変わったとしても、ふと一息つきたいときに、行きたいなと思ってもらえるような、そんなお店を作りたいなとそう思っています。

 

子供の頃から、人間関係で悩むことが多く、接客業なんてたぶんあの頃の私を知る人からしたら、絶対あり得ない職だとびっくりされると思います。

そんな私が、たくさんの人に出会い、人との出会いを大事にしようと思えるようになったのは、間違いなく今の仕事のおかげです。

28歳までに、自分のお店が出来るように、今から少しずつ少しずつ出来ることを増やしていきたいなと思います。

 

明日も素敵な一日になりますように。